離婚弁護士とは

 

「離婚弁護士」とは、離婚に関わる裁判や審判などに多く関わった経験を持ち、その分野でのエキスパートに対して使われる呼称です。

 

どんな弁護士でも、離婚に関わる法的な手続きを多数経験すればなりうるものですが、特別なライセンスなどが必要なわけではありません。

 
離婚に関わる裁判や審判などで依頼者に代わって法廷で戦う場合、いかにこれまでに同様の経験をたくさん積んできたかによって、有利に戦い、そして勝利を勝ち取ることが可能が高くなります。

 

そのため特に離婚に関わる手続きを多く経験している弁護士自身が名乗ることもありますし、そのような弁護士に対する呼称として使われることもあります。

 
裁判や審判になれば、いかに良い条件を引き出して離婚に持ち込むかにより、依頼人は大きな利益・不利益を被ることになります。そのため多少高額な弁護士費用を支払ってでも、経験の豊富な弁護士を雇う人が多いのが現状です。

 
もし離婚を迫られたり、あるいは自ら離婚を思い立ったような場合には、このような経験の豊富な弁護士に早いうちに相談することで、相手方との戦いを有利に進めることが可能になります。

sleep_l

 

弁護の依頼に先立つ法律相談も無料ではありませんが、さまざまな選択肢や解決法の提示をしてもらえる可能性もありますので、ぜひ一度相談しておくことをお勧めします。

 

 

悪徳離婚弁護士の手口

 

会計士、弁護士などの士業には解雇がありません。

 

まれに、士業に携わっている人間自身やその家族が自己破産者になったり、犯罪に巻き込まれたりすることもありますが、家族の場合罪を犯した本人が成人していれば、罪を犯した本人を物理的に親や親族から離して生活させることもできます。

 

程度によっては成人していなくとも親や親族から離して生活させることもできます。
士業に携わっている人間の家族だからと言って、たとえ、その人間が一生フリーターの道を歩んでもなんら問題ないはずです。
士業に長年携わっている人間で、毎年黒字を叩き出す人間には、仕事に関することにはお咎めはありません。

 

ただし、仕事をそのまま続けていくうえでのイメージが大幅にダウンします。
座っているだけで仕事が来なくなるのです。

 

ただ、勉強する時間は無限にあります。悪徳弁護士になることでこの先も生きていけるのであれば、悪徳弁護士になるための勉強をするのです。
悪徳会計士や、悪徳弁護士というのは、クリーンな環境の中で一度以上大きな間違いをおこし、もはやクリーンな環境の中で働けなくなった人達が、これ以上食いっぱぐれないようにするための食い扶持なのです。
廃業してしまうと自分の仕事が無くなり食べていけなくなってしまうので、仕事に関すること、金に関すること、婚姻に関することについては「まっとうな」普通の弁護士より鼻が利くかもしれません。
さて、悪徳離婚弁護士の手口です。「夫婦の縁を切りたい」「親子の縁を切りたい」という相談が来たら、経済的に面倒を見ている側の味方をします。「人権派」の弁護士や相談員のように、無料で長時間親身になって相談に乗るということはしません。