子供連れ去り

離婚するさいに一番問題になるのは、親権の問題です。親権をどちらが持つかでもめることになり、協議離婚となり、弁護士に依頼するケースが増えています。

 

今まで父、母二人で育て上げてきた子供を、きちんと育て上げるためにも、離婚時にはしっかりと条件、約束を決める必要があります。
そこで、仲介役となるのが弁護士の仕事なります。
親権を持つさいに、大きな問題になるのは、子供の養育費と面会の頻度になります。
お金の問題は、非常にナーバスな問題になります。

 

当事者同士の話し合いでは、感情の問題になりますし、はっきりと金額を提示することは難しいので、専門家の弁護士に依頼することが望ましいです。
もう一点は、面会の有無・頻度です。夫婦は、離婚すれば他人になりますが、親子は別です。きちんと血がつながった肉親になります。

 

教育のこともありますので、離婚したとしても子供に会わすという行為は行ったほうが好ましいです。
勝手に連れ去り、会えない状態にすることは、お互いの精神状態にも悪影響を及ぼしますし、子供にとっても大変つらい状態です。

 

勝手な行動をとることは、離婚する際に不利になります。
きちんとお互いが納得できる形を、弁護士にお願いすることがよいでしょう。

sleep_l